JCAクルーシャル


bunner

業務内容

 (1)経営・財務・総務・人事・直接部門・対顧客(含むステークホルダー)

(1)企業トップ及びトップに準ずる方からの具体的相談への助言・対応・実施。
(2)コーポレントガバナンス強化
(3)コンプライアンスの徹底
(4)企業不祥事の防止対策及び発生時初期対応から問題解決
(5)反社会勢力(暴力団・総会屋・不良グループ)等の諸対策及び対応全般
(6)クレーム対策及び対応要領の指導
(7)セキュリティー対策及び具体的実施要領
(8)その他危機管理全般
(9)上記(2)〜(8)に関する実態を把握する為の「モニタリング」「ヒアリング」を専門家により行い、事実関係を明白にし、最もニーズに適したコンサルティング(アドバイス)を計画しプログラムを策定致します。社内における推進体制確立の支援又は、派遣アドバイザーによる指導を行います。

 (2)反社会勢力(暴力団・総会屋・不良グループ)対策

反社会勢力対策及び対応業務フローはこちら

反社会勢力との関与排除は、国家を挙げて取り組んでいる課題でありますが、未だ賛助金名目で資金提供を行ったり、取引先企業の実態を知らないで取引をしている企業が多数あります。証券市場も「上場廃止要件」として「反社会勢力との関与」を明確に提言し、各都市銀行も「取引停止」の条件としています。
表沙汰になった場合、その損失は計り知れないものであることは、企業オーナーの方々なら十分に認識していることと思います。
弊社には、警視庁刑事として反社会勢力と対決してきた諸氏が在籍しています。現在、該情報に関するデータのシステム化を目指しているところです。 まずは、悩まずに御相談下さい。相談料等は一切不要です。納得して頂いたうえで、下記の項目を実施させて頂きます。

(1)現在の契約締結している「取引先企業・関連企業」の反社会勢力該当の有無に関するチェック。
(2)既に、何らかの形で契約を締結してしまっている場合、その排除方策についての助言・指導。
(3)新規に取引を開始する場合、反社会勢力該当性有無のチェック。


 (3)業務別オーダーにより、直接部門に則した効果的支援

ESを向上し、従業員個人が納得し、自らが考え行動することが重要です。従業員個人の能力向上を図る事が、強いてはCSに多大な影響を及ぼします。
インストラクティングを繰り返し実施し、ロスの削減、即ち、利益の向上貢献することとなります。

 (4)スペシャルリサーチ

新規事業、不動産開発、商業施設、各種学校等の事業展開に関して、危機管理の観点から実態把握・問題点の抽出を行い、その対応策を含めご報告致します。

 (5)警備業務が必要な場合

弊社がコンサルティング契約を締結している、ハイスキルの警備会社を御紹介致します。

 (6)探偵(調査・内偵)業務が必要な場合

探偵業法に基づく「尾行・張込・その他これらに類する手段」を用いて、企業オーナーの抱える諸問題を調査致します。実態の解明及び分析、改善方法の助言及び対応要領の支援を行います。